FC2ブログ
topimage

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごほうび - 2012.01.24 Tue

DSCF7765 のコピー

今年もこんな風に雪が積った。
いきなりこんなに積ったわけじゃあない。
コツコツ、コツコツ。毎日少しづつ。何日も降らずに少し解けたり、一晩のうちにドッサリ降ったり。
少しづつ雪山は大きくなる。
どんなものでも、『継続は力なり』だな。などと感心してみる。

この地で暮すのは、正直大変だ。
まず寒い。
「大変でしょ~ぅ?」と言われれば、ちょっと見栄を張り、悔し紛れに「そんなんでもないよ~、思ってるほど寒くないし、気持ちいいよ!」と答えてみるが、やはり寒いことに間違いない。
あまりに外が寒そうで、家から一歩も出ない日もある。(それが可能なのはラッキーなことなのだが)
それに、この雪。
毎日ではないけれど、雪かきはしなくてはならない。
サボると大変になるから、少しでも降ったらその都度やるのが、結果的に一番の省力化になる。
しかし、そうそう生活を天気に合わせられないし、どうしても一晩おいて硬く重たくなった雪を、かかなければいけない時もある。これは結構キツイ。
それにどういう訳か、急いで片づけなければならない仕事があるときに限って、ドカ雪が降って、半日を費やしたりする。
と、まあ書き出せばきりがない。

でも、でも。
そんなところに住んでいるからこそ、目にできる美しいものがある。

寒さで空気中の水分が窓ガラスで結晶をつくる。

降ったばかりの純白の雪に青空が映り、青白い影を見せてくれる。

ふと気づくと、シジュウカラやツグミ、ヒヨドリが庭木でさえずり、遊んでいる。

そして空は一日のうちに、色々な表情を見せてくれる。


雪と結晶


クルミ

DSCF7718 (300x224)


都会のマンション暮らしは、便利で温かくて労力も少ない。まったく合理的だと思う。
でも、やっぱりつまらない。
きっと、この美しいものたちは、この地で暮す苦労に対するご褒美なのだ。








スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yurohana.blog137.fc2.com/tb.php/69-23a40c55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紅葉山散歩 «  | BLOG TOP |  » 冬の夜

プロフィール

yurohana

Author:yurohana
建築デザインを通して住環境・都市環境・地球環境…へ思いを馳せて、楽しくサスティナブルな生活の実践にチャレンジ中。
日々の徒然日記です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (29)
農的くらし (7)
衣・食・住 (7)
街のこと (5)
ガーデン (1)
メディカルハーブ (3)
映画 (2)
原子力のこと (5)
写真 (2)
動物たち (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。